ITAについて

What's ITA

INTERVIEW

みなさんと一緒に理想の会社を目指して、一歩一歩前進していきたいと考えています。

代表取締役社長 東村正樹

  • 第二創業期を迎えた今、
    機動力を持ってニッチ分野を攻めていきます

    ITAは防犯カメラの必要性を早くから訴え、アミューズメント施設に特化した防犯カメラ・音響映像・無線などのトータルシステムを提供してきました。1970年の創業以来、セキュリティの先進業界において最新技術のシステムを常に追求し、時には業界初の製品を誕生させてきました。

    私たちの強みは、開発から販売、施工、アフターサービスまで自社一貫体制を構築し、オーダーメイドシステムを提供できること。お客様の細かなニーズに耳を傾けて期待以上の提案をする営業や難しい要求でも最新技術を駆使して実現する開発・製造など、プロ意識を持つ社員一人ひとりの力とチームワークがすべてを可能にしてきました。ITAは、まさに人の力で成長してきた会社です。

    業界の市場拡大に伴い、メーカーが次々と参入する時代のなか、私たちは第二創業期を迎えています。それを受けて今後は機動力を持ってニッチ分野を狙っていく方針です。防犯や監視だけでなく、マーケティングや人材教育にも活用できるシステムを提案するなど、新しい付加価値を創り出していきます。

  • 主役は社長ではなく社員。
    10年後には会社のカラーを一新したい

    これからは、私ではなく社員が会社のあり方を決めていく時代です。現在は、アミューズメント業界に特化した事業戦略を掲げていますが、大半の社員が異業種参入に意欲的であれば実行すべきと考えています。そんな社員主導型の体制を形成するために、2013年には全国にある10拠点のうち、札幌・仙台・名古屋・広島の4拠点を先行して世代交代を進め、役員と同等の権限を持つ拠点長という新しいポジションを設けました。1つの経営母体として拠点を運営することを期待しています。

    時代と共に変化しなければ、会社は成長を続けることはできません。私たちが新卒のみなさんを採用する理由がここにあります。最初は小さな波でも、やがてそれは大きなうねりと変わり、会社を進化させていく原動力になっていきます。新人だからと躊躇せずに、上司に意見や提案をきちんと発信していく姿勢を大切にしてください。10年後に今とは異なるカラーの会社に変わることを楽しみにしています。

  • 社員がやりがいを感じて楽しく働き、
    豊かになれる集団に

    私は、学生のみなさんに期待して入社してもらえる会社づくりを目指しています。そのために例えば3年で主任、5年で係長、10年でマネージャーといったキャリアアップを明確にし、それに準じた教育カリキュラムを導入。頑張った社員には給与を還元できる人事考課制度を構築し、若手への権限委譲を推進していく方針です。

    このような仕組みを確立するのは、みなさんに早く自分のやりたいことを見つけてほしいと願うからです。権限と責任を与え、きちんと評価をすれば成長が促進され、自発的に動けるようになります。会社が配属を決めるのではなく、自分で働き方を選ぶ。そんな会社なら誰もが毎日楽しく笑顔で働くことができるでしょう。みなさんと一緒に理想の会社を目指して、一歩一歩前進していきたいと考えています。

page top